虫歯菌は生まれた時にはないと聞いたことがあります。
お菓子やジュースが原因で虫歯になるのではなく、最初の原因は親にあるようです。
親が口にしたスプーンをそのまま子供の口に入れることで虫歯菌が子供に移ると聞いてから、なるべく子供と共有しないように気をつけてはいました。
でも実際はなかなか難しく自分が気をつけていてもパパが、おばあちゃん、おじいちゃんが・・と。
それが原因でってことはないのですが、毎日歯磨きをしていても奥歯から少しずつ虫歯が増えて、長男は5歳の時に奥歯の神経を抜いて銀歯をうめるほどひどくなっていました。
その時本当に後悔しました。

それからは今まで子供に任せっきりだった歯磨きを子供と一緒に鏡に向かって歯磨きをし、一緒に同じ場所を磨いて歯磨きの練習をしています。
最後は仕上げ磨きを私がして磨き残しがないか気をつけてみています。

夕食後の飲食はなるべく控え、(夜9時以降は絶対NG!)寝る1時間~30分前には歯磨きをして虫歯対策と健康管理に気を配ってます。

またかかりつけの歯医者を作り定期的に歯の健康診断を受けています。

私自信も虫歯で何十回も歯医者に通ったので、なるべくなら子供に同じ思いはさせたくないです。
そのためには子供と一緒に地道ながらも毎日の歯磨き、仕上げ、定期検診を行っていこうと思います。