娘に白く小さな歯がちょこんと生え始めた時から、「この歯は私が守る!」とはりきって歯磨きを始めました。
初めが肝心。早くから習慣づけすることで、歯磨き大好きな子に!と雑誌にも書いてあったし、赤ちゃん教室でも言われました。
でも、これまた雑誌に書いてあった通り、嫌がって暴れるわけです。
けれど私としては、磨かないと虫歯になってしまう!!と毎晩必死でした。
ある日、祖母が家に遊びに来て、歯磨きバトルにあきれて言いました。
「小さいうちは食後に水を飲ませて、食べ物がないようにしてあげるだけで大丈夫。」
祖母が子供のころは、食後はご飯茶碗にお湯を注いで飲んだそうです。
茶碗を洗いやすくすることと、7人の子供たちの歯磨きにもなっていたと。
それからは、朝晩とおやつの後に水をごっくん。
娘はもう一人で歯磨きする年齢ですが、虫歯はまだ一本もありません。